柳の並木と、一本橋の散歩道

商店街の東を流れる「白川」は、近所の癒しスポットです。
柳の並木がさわやかで、蛍が舞うほど水が澄んでいます。
南の橋の横に、ひと休みしたくなるベンチがあります。

幅60cmほどの、石造りの一本橋がかかっています。
修行を終えた行者が渡ることから、行者(ぎょうじゃ)橋・阿闍梨(あじゃり)橋と呼ばれます。

もうひとつの一本橋を渡ると、おもち屋さんの「餅寅」があります。
ふと和菓子が食べたくなったときでも、さっと買いに行ける距離です。

季節ごとにお菓子が変わります。
この日は秋だったので、栗とお芋のお菓子がありました。

お店の裏には、代々守ってこられた明智光秀ゆかりの祠があります。
名物「光秀饅頭」には、桔梗の紋が押されています。

こちらは、夏限定の「麩饅頭」。
笹にくるまれた、もちもちのヨモギ饅頭です。
香りが良く、独特の食感が癖になります。

過ごし方Local Spots